インフォレスタ トップページ > ホッと一息森のカフェ > 紫陽花

紫陽花

090708.jpg


毎日じめじめした日が続いていますが、
みなさまいかがお過ごしでしょうか?


先日、雨の切れ目を狙って、
うっそうとした上野の森を散歩してきました。
木々の合間のところどころで、鮮やかな紫陽花が咲いていて、
そこだけ光っているように見えました。


紫陽花の花の色は、
桜色に近いものから青、紫色までいろいろあります。


花の色を決めている要素はいくつかあって、
紫陽花自身の色素の具合
土壌のPHやアルミニウム濃度
開花してからの日数 などです。


環境や自分自身の素質によって、
人知れず色を変えていたのですね。
そんな紫陽花の花言葉は、
「移り気」または「辛抱強い愛情」。


また、紫陽花の学名はHydrangea
―「水の器」という意味だそうです。


ドイツ人医師で博物学者のシーボルトによって、
Hydrangea Otakusaと紹介された新種のアジサイ。
日本で懇意にしていた「お滝さん」の名前を込めたのか、
といわれているそうです。


紫陽花は日本原産の植物で、
万葉のころから数々の歌に詠まれたりもしています。
紫陽花は、この憂鬱な梅雨の季節を彩る花ですね。


K.M

月別一覧表示へ戻る

ページトップへ戻る