インフォレスタ トップページ > ホッと一息森のカフェ > 初めて上越に行って

初めて上越に行って

1006.jpg


先日、土日を利用して新潟まで行ってきました。

新潟に来たのは人生で初めてで、
右も左も分からない土地に行くのは緊張しますが
逆に何かと新しい発見があったりして、とても楽しみにしています。

今回は新しい球場で行なわれるプロ野球を見に行くのが目的です。

野球観戦と旅行好きな私にとって
地方球場で行なわれるというのは
野球と旅行をどちらも兼ねているので
数少ないこのような催しには積極的に活動しています。

新潟には知り合いも親戚もいないので
何が名物で何が盛んなのかも知りません。
だからこそお店を調べたり、
地元の方に名物やらおいしい料理店などを聞く事で
様々な事を知る事ができて、
これが何よりも快感だったりします。

最初の新潟の印象は『田舎』と思っていましたが、
実際には駅前は賑やかで
暮らしやすそうな街だと知ったのも新しい発見です。
ただ、電車やバスの本数がそこまで無いのが
弱点というか欠点というか。

夜行便で着いた為、
朝早くからそんなに球場行ってもと思ったのですが、
流石に早すぎて周りのお店も開店前でしたので、
駅から球場まで4キロ程ある道を歩いていきました。
まさに未知の領域(寒いダジャレでごめんなさい)に突入したという感じです。

駅から離れると少々殺風景な町並み、
といっても田畑や草原があるわけではない道を
歩く事になりました。
これも一人だと逆に楽しかったりします。
一人で勝手に歩いている分には誰にも迷惑かけずに
好きな方角に向いて動けるからです。

よく目的地に着くまで迷う私ですが、
今回は初めて来た土地ながら
目的の野球場まで迷わず着く事ができました。
その付近は田畑が多く、小鳥がさえずり、
季節も季節なだけに虫の鳴き声も聞ける、
これ以上に無い感動を味わえました。


最近の遠出では
両親にお土産を郵送する事が
1つの趣味になりました。
あまり行かない土地だからこそ、
自分が知ったその土地の名物(特に料理ものです)を
堪能してほしいと思って送ります。
送るものは殆ど自分が食したり
観察した事が無いものです。
両親にその料理なり、
土地柄の感想を聞いてみたいから
敢えて自分は買って郵送するだけにしています。

1泊2日では隅々まで回れませんでしたが、
もう1度行ってみたいと思わせてくれた
新潟という街と人と動物に感謝です。


M.K.

月別一覧表示へ戻る

ページトップへ戻る