インフォレスタ トップページ > 学術情報豆知識 > 文献について その1(原著論文、レビュー論文、学会抄録)

文献について その1(原著論文、レビュー論文、学会抄録)

いつもご利用頂きまして誠にありがとうございます。
今回は・・・
・「原著論文」
・「レビュー論文」
・「学会抄録(会議録)」
について、それぞれの特徴をご紹介致します!
特徴をふまえて、日々の活動に是非お役立て下さい!
*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*
┏━┳─────┓
┃◆┃原著論文
┗━┻─────┛
皆さんが最も多く手にしていると思われる論文が、
「原著論文」です。
一般に論文と呼ばれるものの多くは、
この原著論文のことを指しています。
掲載される媒体は主に学術雑誌です。
原著論文は、限られた字数の中に、
著者のオリジナリティーを盛り込むと共に、
以下の内容を記載しなければなりません。
<目的:object>---研究の目的や背景。
<手法:method>---どのような手法・方法を用いて調査・実験を行ったか。
<結果・結論:result, outcome, conclusion>---調査・実験の結果を踏まえ、
著者が下した結論・見解。
これらの言葉が本文に見られたら、それは原著論文です。
原著論文は、研究者の間では、『情報を共有する』という
重要な役割を担っています。
また、学術雑誌に論文が掲載されるまでには、
多くの場合、査読という審査制度を通過しなければなりません。
査読は、研究者間に流通する情報のクオリティを保つという
役割を担っています。
質が高く、オリジナル性のある情報に触れることが出来るのが、
この原著論文です。
┏━┳───────┓
┃◆┃レビュー論文
┗━┻───────┛
続いて、複数の原著論文をもとにひとつの論文を書き上げる
『レビュー論文』です。
レビュー論文は、ある分野やテーマに関わる原著論文を
漏れなく収集し、それらを要約したうえで、
問題の整理や評価を行うことを目的とした論文です。
特定の分野やテーマを俯瞰した内容となりますので、
皆様が、その分野の最新情報を勉強するには、
レビュー論文は是非お勧めです!
┏━┳──────────┓
┃◆┃学会抄録(会議録)
┗━┻──────────┛
最後は、何かと便利な学会抄録(会議録)についてです。
約200〜300語の中で、研究の目的、研究方法、結果、結論を
簡潔かつ的確にまとめたものです。
少ない字数で研究内容をまとめなければならないので、
実は、高度な文章力が要求されます。
学会抄録(会議録)の多くは、学会における発表の予稿です。
ある分野の研究動向をチェックしたり、
参加出来なかった学会の概要をつかむのに、とても便利です。

ページトップへ戻る