インフォレスタ トップページ > ホッと一息森のカフェ > 【森のカフェ】うさぎ

【森のカフェ】うさぎ

100517.JPG


うさぎを飼っています。
里親募集で人から譲り受けました。
なんと血統書つきです!
ネザーランド・ドワーフという小さい種類のうさぎです。


初めて家に来たときは、びくびく怯えている様子でした。
でも今はだいぶ慣れてきたようです。
私はペットを飼うのは初めてなのですが、
猫や犬ではなくうさぎを選んだ理由がちゃんとあります。
サークルの中で飼えるうえに、うるさく鳴かないので、
不動産屋から飼育の許可が下りたからです。


そのうさぎのことは「きなこ」と名づけて呼んでいます。
「きなこ」はうさぎの名前の中ではそこそこメジャーな名前です。
うさぎを飼ってみて、うさぎに関して勘違いしてたことや
知らなかったこと、驚いたことがたくさんありました。
その中のいくつかを紹介したいと思います。


1、縄張り意識が強い
うさぎは寂しいと死んでしまう、とよく聞きますが
どうもそんなことはないようです。
縄張り意識が強いので、たまにサークル内に侵入すると
機嫌によっては入ってくるなと威嚇されます。
うさぎの飼育本にも、例えメス同士やオス同士であっても
別々に飼うほうがいいと書いてありました。


2、にんじんはそんなに食べない
うさぎはにんじんを食べていると思われていますが
にんじんはおやつ程度にしか食べないらしいです。
きなこはにんじんが嫌いで全く食べません。
でも、キャベツとブロッコリーの芯は好きです。
草食動物なので、主食は牧草と牧草を加工して
固めたペレットと呼ばれる餌を食べています。
時々、マットとして下に敷いているゴザを
牧草と勘違いしてムシャムシャ食べています。
ちなみに草食動物なので、うんちが臭くないので快適です。


3、本能からくる行動・しぐさ
野生のうさぎは穴を掘って、その中で生活をします。
その名残がDNAに刻まれているせいか、ときどき穴掘りの真似事をします。
サブトンなど地面がやわらかいと感じたときに行うようです。
フローリングの床では絶対にやりません。
穴を掘って、その土をならすしぐさをするのですが、
そのならすしぐさが、まるで雑巾掛けをしているようでとってもかわいいです。
また、うさぎは肉食動物に食べられる立場にありますので、
基本的には目を開けたまま寝ます。(各々のうさぎによって差はあります)
そして、捕まえられる=喰われるを意味しますので、
だっこも基本的には嫌がります。(各々のうさぎによって差はあります)
ちなみにきなこは目を開けたまま寝て、だっこも嫌いです。


4、鳴き声
嬉しいときや怒ったときなど、感情に起伏があったとき、
「ブーブー」や「ブッ」とよく鳴きます。
鳴くというよりは小さく鼻をならす感じです。
以前、同じくうさぎを飼っている友人がうさぎを病院に
連れていったときに、そのうさぎは
獣医さんつかまれて「キェー」と鳴いたらしいです。
きなこも同じように1回だけ鳴いたことがあります。
つかまえようとして相当追いかけ回した後に
「キュッキュッ」と鳴きました。
どうやら相当な身の危険を感じたときにそのように鳴くみたいです。


こんなに長々と書きましたが、最後はこの一言に尽きます。
めちゃくちゃかわいいです。
ずっとかわいがっていきたいと思っています。


A.T.

月別一覧表示へ戻る

ページトップへ戻る